<< 6/3(土)川越ミニ支部会「吉見・東松山散策」のお誘い | main | 変更あり*2017埼玉探訪「国宝・妻沼聖天山と葛和田の渡しを巡る」 >>

12月観劇会「アテネのタイモン」

彩の国シェイクスピア・シリーズ第33

アテネのタイモン Timon of Athens

 

原作:W.シェイクスピア

翻訳:松岡和子(65文英)

演出:吉田鋼太郎

出演:吉田鋼太郎 藤原竜也 横田栄司 柿澤勇人

 

会場:彩の国さいたま芸術劇場大ホール(JR埼京線与野本町駅 徒歩8分)

日時:2017年12月16日(土)13:30開演

               12月21日(木)13:30開演 

    (お申込みの際、どちらかの日をご指定下さい)

代金:S席 9,500円 → 9,000

 

一般発売開始は10月14日(土)ですが、埼玉支部で早期予約をいたします。

どうぞご家族や支部会員以外のお友達もお誘いになって、9月24日(日)までにお申込みください。

 

=あらすじ= 

アテネの領主、タイモンは貴族たちを館に招いては気前よく宴を開いていた。

友人の借金の肩代わりをしたり、召使にまで大金を与えてやる大盤振る舞い。

客も彼に媚び、へつらいプレゼントを贈るのだが、それはすべて彼からの見返りを当て込んだもの。

しかし、タイモンにはその裏が読めない。

そんな豪勢な宴もある日、終わりを迎える。

贅沢三昧で資金が底をついたのだ。

そこでタイモンは友人たちに借金を申し込むが、みんな「金の切れ目が縁の切れ目」とばかり冷淡。

やがて人間不信に陥ったタイモンは・・・・

 

=みどころ=                   

昨年5月12日に惜しまれて亡くなった演出家・蜷川幸雄が、シェイクスピア全戯曲37作の完全上演を目指して1998年から手掛け、上演できなかった5作のうちの1作。

蜷川から病床で「鋼太郎がやってくれたら安心」と指名され、二代目芸術監督に就任した吉田鋼太郎の初演出です。“蜷川育ち”の藤原竜也と共に“師匠”の意志を継承する舞台をお楽しみください。

 

【お申込みとお問合せ】
下記のメールアドレスをクリックし必要事項を書いて送信してください。
担当者に引き継ぎ、折り返しご連絡いたします。
contact@twcu-saitama.com
*お名前(卒年と学科)
*ご住所
*お電話番号
*メールアドレス

*希望日 12/16(土) 12/21(木)
*希望枚数

| 観劇会 | 13:41 | comments(0) | - |
コメント